攻撃までのターン【パズドラ攻略】

さて、敵を見た時の攻略として前回書きました下記3点

・敵の数(前回攻略済み)

・属性(前回攻略済み)

・攻撃までのターン

はい、今回は敵の攻撃ターンに関する攻略です!

敵が攻撃してくるまでには数ターンかかります。(1ターン間隔で攻撃する嫌な敵もいますが)

敵の頭にある白い数字が、敵が攻撃するまでの残りのターン数です。

数字が0になるときにプレイヤーへの攻撃を行います。

下の画像でいうと、左から4ターン、1ターン、1ターンとなりますね。

パズドラターン表示画像

この敵が攻撃するまでのターン数も、中盤以降の攻略では結構重要なウエイトを占めていると思います。

当然ですが、敵の攻撃ターンが0になる前に倒すのが重要です。

それは当然なのですが、画像のように敵が複数いる場合、1ターンで全ての敵を倒すことが困難だったりもします。

そんな時にどの敵を優先的に倒せばいいのか悩みます。

結論、ケースバイケース、その時の状況によって変わってしまいます。

ざっくりと考える内容は
・1ターンで倒せなくても自分のHPは大丈夫か?
・1ターンで倒せる敵が何人いるか?
という部分です。

1ターンで倒せない場合、敵からの攻撃を受ける可能性があれば、おおよそ自分のHPが0になってしまうかどうかを考えましょう。

満タンであるのなら、少し余裕があるので、敵を倒すのではなく全体攻撃で敵のダメージ総量を効率的に考えるという選択肢もあります。

もし、仮にHPが0になってしまう化膿性がある場合、つまり上の画像のような場合はどうするか。もう一度同じ画像を貼ってみます。

パズドラターン表示画像

はい、HPは真ん中くらいまで減っております。

そして1ターンという表示の敵がなんと2体もいますね。

HPが満タンの状態であれば2体の攻撃に耐えられるかもしれませんが、今回のようにHPが半分まで減っていたりする場合は耐えれる保証がありません。

つまり、1ターンと表示されている2体の敵のうち、どちらかを倒す必要があるわけです。

こういうケースは度々あるかと思いますが、まぁ緊張しますね(笑)

今回の場合、中央の敵が毎ターン攻撃してくる嫌な敵なんです。
右にいる敵は攻撃力も弱いためそこまで嫌な敵ではありません。

つまり今回の場合は、中央の敵を1ターンで撃破するように狙って、石を消しましょう。

倒せるかどうかは、石の状態、敵の弱点などの要素もあるため、必ず中央の敵を倒すのが正解ではないのですが、今回の場合は倒せそうなので中央を狙います。

敵を狙う方法は、「敵をタップする」です。
タップすると下の画像のようにマーカーが付くので、その状態で敵を攻撃すると、マーカーが付いた敵を集中して攻撃するので撃破しやすくなります。

パズドラマーカー画像

中央の敵を集中攻撃で撃破し、右の敵の攻撃は1発だけ耐えるという感じです。

その後、次の敵の攻撃までにHPを回復しなければいけないことにも注意しましょう。

 

・・・攻略にマジメや!!!

実際、この毎ターン攻撃してくる敵がすっごい嫌な感じです、ほんと。

そういう敵は瞬殺!でいきましょう。

属性による攻略【パズドラ攻略】

さて、敵を見た時の攻略として前回書きました下記3点

・敵の数(前回攻略済み)

・属性

・攻撃までのターン

今回は「敵の属性」を攻略です!!

これはすごくシンプルです。暗記モノです。

敵の弱点属性を有効に使う。です。
例えば、木モンスターに、火属性で攻撃するとダメージは2倍です。
逆に、木モンスターに、水属性で攻撃するとダメージは半分となります。

それをまとめたのが下記。

火は木に強い。 逆に火は水に弱い。
木は水に強い。 逆に木は火に弱い。
水は火に強い。 逆に水は木に弱い。
光は闇に強い。 闇は光に弱い。
闇は光に強い。 光は闇に弱い。

これだけを暗記です。

水と火がどちらが強いのか、分からなくなることもありますが、そういう時は「木」を基準に考えましょう。

木って、燃えるから火に弱いよね。
木って、水分を吸い取るよね。

だから、木は火に弱くて、水に強い。
そこから、木が火に弱いなら、火の弱点は残りの水だな。
逆だと、木は水に強いなら、水は残ってる火より強いはずだな。
木を基準に考えると、なんとなく属性の強弱がわかります。

この属性の強弱も、プレイヤーから攻撃するときだけのルールです。
敵からの攻撃では、味方の属性関係ありません。

つまり、敵が何の属性かによって、その敵に効果的にダメージを与えるための編成をすればいいということになります。

具体的に書くと、
敵が火属性のダンジョンなら
・水系のモンスターを増やす
・木系のモンスターを減らす

敵が水属性のダンジョンなら
・木系のモンスターを増やす
・火系のモンスターを減らす

敵が木属性のダンジョンなら
・火系のモンスターを増やす
・水系のモンスターを減らす

敵が光属性のダンジョンなら
・闇系のモンスターを増やす

敵が闇属性のダンジョンなら
・光系のモンスターを増やす

という感じです。

たまに、敵がオールジャンル登場するという、属性に偏りのないダンジョンがありますが、そこでは自分が最も強い属性となるパーティで行くといいでしょう。もしくは、敵のボスの弱点となる編成で臨みましょう。

私が編成するときには
1:敵の弱点系(リーダースキル)
2:バランス
3:バランス
4:バランス
5:バランス
友:敵の弱点系

という感じで、結局全属性を連れて行って、リーダーと友の属性だけを、敵の弱点に合わせにいったりします。

よっぽど勝てないときには、敵に半分しかダメージを与えれないやつを、敵の弱点系に変えて再度挑むという感じです。

もちろん、実際に攻撃するとき、消す石の色を狙って攻撃するようにしましょう。
なんてったって、弱点の石を消したらダメージ2倍ですからね☆

敵の攻略その1 【パズル&ドラゴンズ攻略】

パズドラ攻略!!

前回までの記事が、石を消すときの基本攻略になるかと思います。

えぇ、ほんとに基本です。

あれを組み合わせるだけと言っても過言ではありません。
ではそれだけで攻略が完璧かというとそうでもありません。

なにがあるのか・・・それは、「敵をしり己を知れば百選危うしなんちゃら」って偉い人が言っていたので、「敵を知る」ことです。

 

戦ってみなければわからない情報もありますが、見ただけで分かる且つ注意する情報が3つはあります。

・敵の数

・属性

・攻撃までのターン

です。

一つずつの対策はそれほど難しくないです。実にシンプル。

これをそれぞれ総合的に組み合わせて考えなければいけないので、ちょっとだけ考える必要があります。

慣れると、考える、とも言わないレベルで自然にできることだとは思いますが。
では1つめ、「敵の数」

ババーン!

先ほど「実にシンプル」と言いました、えぇ、言いましたとも。

シンプルに攻略を言うと!!

ドン

「敵の数を減らす!!」

・・・

・・・

・・・

このおっちゃんは何を言っているのだろうか・・・

ホンマあほやな・・・

そう思った方はちょっと待ってください!!

私に説明させる機会を一度ください!!!

ゲーマーにとってはすごく基本的なことなのですが、敵が複数出現してきたときの対処は「敵の数を減らす」ということなのです。

もっと具体的な攻略の話をすると、敵の攻撃力を減らすということです。

敵の攻撃力が半分になるとしたら、当然クリアするのは簡単になります。

敵の攻撃力を半分にするということはどうしたらいいか?それが敵の数を減らすということなのです。

つまり、2体の敵が出現した場合、1ターンに2回のダメージを受けるわけです。

それが、1体倒して、残り1体になった場合、1ターンに1回のダメージに減るわけです。

つまり半分になったわけです!

これはお得!!

敵を減らすっきゃない!!

そういうわけなので、敵を減らすということを優先的に考える必要があります。

ボスが複数敵で現れた時の必須の攻略といえると思います。

後半のステージだと敵が強力なので、このことが結構重要になります。えぇ、ほんと。

というわけで、敵が複数あらわれたら、「先に倒せそうな敵から集中して狙う」ようにしましょう。

 

ここで問題です!!

【答え】「場合による」

問題の内容より先に答えを発表し、その答えが実にファジーという斬新さ。失礼いたしました。

遊ぶのもほどほどに。
改めて、

【問題】
同じ色の石が6つある場合、6つ一度に消す方がいいのか?それとも3×2の2連鎖を狙うのがいいのか?

前者、5つ以上を一度で消した場合、「全体攻撃」となります。

非常に美味しい。

後者、連鎖を行うと、与えるダメージが増加します。

非常に美味しい。

で、答え「場合による」です。

単純なことですが、全体攻撃の場合は1体に対するダメージは2連鎖よりも弱いです。

なので敵が少ないときは連鎖で攻撃、敵が多いときには全体攻撃がいいでしょう。

「全体攻撃ができるけど、連鎖じゃないと敵が減らせない!」という場合は連鎖を狙う方がいいと思います。

連鎖やっても減らないと思った場合で、敵の数が3体以上であれば全体攻撃にしましょう。

絶対とは言えませんが、一つの指標だと思います。

 

おさらい。

敵の数を減らすことを優先的に考えて攻撃。

敵が多い場合は全体攻撃、敵を減らせるのであれば連鎖を狙う。

です。

 

おっと、これは攻略を3記事に分ける時の長さや!!

・・・というわけで今回はここまで。

ドロップを消す基本形5パターン【初心者向けパズドラ攻略】

ドロップを消す基本形5パターンのご紹介。
さて、まだまだ続くよ基本攻略。
今回はドロップの消しかた基本形パターーン!!

前回でいうところの、消す石ではなく、それ以外の周囲の石を動かしたときの基本です。

 

まずは1つ目!!
バーーン!!

パズドラ配置パターン1

前回説明に使った形。
3つのうち、端の一つだけ段差がズレてるパターンのやつです。

そのままですが、1つ分だけひょいとズラせばOK!!
シンプルなやつです。場所が角だったりすると、うまくいかないですけどね。
では続きまして2つ目!!
ババーーン!!

パズドラ配置パターン2

1つ目と似てますが、中央がズレてるパターンのやつです。
これも基本1のときと同じなので、そのままひょいとズラせばOK!!
さくさく行きましょう3つ目!!!
バババーーン!!

パズドラ配置パターン3

今度は列の進行方向に一つズレたやつです。
基本は1や2と同じです。方向が90度違うだけでいたってシンプル!!
さてさて、ここからがちょいとヒネリがある4つ目!!
ババババーーーン!!

パズドラ配置パターン4

なんとL字型です!!
3つそろってるけど曲がってます!
曲がったヤツは嫌いのようで、パズドラルールでは真っ直ぐ3つ並ばないと消えてくれません。

この場合は、伸ばす側から侵入して、曲がった方向へと抜ける感じで行うと、キレイに真っ直ぐに並んでくれます。
石を2個動かすことになるわけですね。

 

そして基本形最後!!
バババババーーーン!!

パズドラ配置パターン5

今度は4のパターンにも似てますが、一つ離れちゃってます。

離れ小島です。
ぼっちです。

ぼっち赤をどうやってくっつけるのか???

これも基本的には4のやり方と同じです。
侵入するのが、列の真ん中から侵入するイメージなのです。
やってみると簡単なのですが、これを瞬間的にスッとできるのにはちょっぴり慣れが必要かもしれません。

考えるときには時間制限ないので、ゆっくり考えれば大丈夫ですけどね☆
自分の体感的には、この4と5を組み合わせながらやってるイメージですね。
周囲の石との連鎖を考えると、もっと複雑な状況になってしまうのですが、基本的には上記の5つのパターンの組み合わせとなります。

複雑な状態でも、上記の「基本形にしてから消す」という状況はたくさんやってくるのです。

 

例えば、下記例。

パズドラ配置問題

壁の端っこで2のパターンになってしまったらどうでしょう?
赤の真ん中の色を使えば簡単ですが、下記場合は緑も3つあるので、2連鎖ができるというケースです。

 

さて、どうするのが正解でしょうか?
(正解は数パターンあるとは思いますが。)
まずはどの石を動かすのがいいか?赤と緑、どっちを動かす方がいいでしょう?

考える時の基本は、「3つ近くになってる方をそろえるのが簡単」です。

逆に言うと、「動かす石は、つなげるのが難しい石」ということになります。

この場合、赤3つは近くに固まってます、緑は3つとも離れてます。

緑をそろえる方が難しそうです。

つまり、今回は「緑を動かす」のが連鎖には向いているということです。
さて
おそらく、こうするのが一つのルートだと思います。

パズドラ配置正解パターン

まず緑が上に移動します。すると赤がその位置と入れ替わることになります。
この中央の状態をよく見てください。
先ほど基本形でみた「5」の形になっているのが分かるでしょうか?

つまり、緑を動かすことで、基本形の5のパターンを作り出しているということです。
そうすれば、5の並べ方自体は分かりますので、そのまま真ん中を曲がって進むことで赤が真っ直ぐに並ぶようになりますね。
この画像真ん中の部分をよく理解することが大切だと思います。

「自分で基本形の形を作る」ということなのです。

それができたら、あとは緑の石を右の真ん中に入れるだけなので簡単ですよね☆

 

それを一筆書きすると下のようになります。

パスドラ正解一筆書き

はい、だいたい分かったでしょうか?
壁や周囲の石の色によって、いろんなパターンができあがります。
毎回同じようにはいかないのですが、結局基本のパターンを自分で作り出してクリアするというのはあらゆる状態でいえることだと思います。

ですので、まずは基本形の5パターンを練習することが上達の近道だと思います。
うーんマジメな攻略(笑)

近くを動かすか、遠くを動かすか。【パズドラ連鎖の基本】

 

さて、前回のおさらいですが、

赤色を消したいときに、自分が動かす石は消したい石と同色の赤でもいいし、赤以外の近くにある石でもいいことがわかりました。

選択肢が2つ(以上)になったわけです。

では、実際にはどちらの石を動かす方がよいのでしょう?

ケースバイケースではあるんですが、連鎖を考えた場合は消したい石ではなく、その「近くにある石」を動かす方が連鎖がしやすいです。

下のケースをごらんください。赤石は同じ並びですが、右の方にある青色も2つならんでるのであと一つそろえば連鎖して消えそうです。

パズドラ連鎖するには?

パズドラ連鎖するには?

そうすると、赤色を動かすのではなく、青を動かす方が2連鎖ができることがわかると思います。

パズドラ連鎖の基本
ようするに、周囲で3つ同じ色があればその消したい色以外の石を利用することで連鎖を狙う。

遠くに離れた石を消す場合は、消す色と同じ色の石を操作する。

というのが基本かと思います。

えぇ。

まだこの辺も言語化すると非常に説明が難しいところで、且つ、やってれば身に付く内容です。
消そうと思った色の石を動かすということは、その石が他の連鎖を整えた後に、最終的に消す石のもとに到着することになります。

 

う~ん言語化難しい。。。

 
先ほどの画像を使って言うと、

パズドラ連鎖するには?

パズドラ連鎖するには?

もし、赤色を最初に動かそうとした場合を考えてください。どうやっても青を消すのが難しくなってしまいます。
遠い位置の石を、直接操作することなく、遠くへと動かすのは難しいのです。
ですから、周囲に3つそろいそうな赤を、青色の石で調整し、並べたらすぐさま青を連鎖させるために動かすわけです。

なんとなく分かりますかね?

まだまだ周知の事実情報ではありますが、基本かと思います。

 

久しぶりにマジメな攻略です!

パズドラの基本

 

パズル&ドラゴンズ。略してパズドラ。。。

このブログ書くまでは「パズル&ドラゴン」かと思ってましたが複数形でずよ。「ズ」ですよ。ドラゴン集団御一行様ですよ。

そんな攻略の前に、パズルの基本おさらい。既にそこそこプレイしている人にとっては苦痛とも思える基本形の説明です。

同じ色を3つそろえると、その石が消えます。ナナメはダメです。縦か横かに3つ連続で並ばないとダメです。

基本は下記のような感じ。(グレーの色はその他様々な石と思ってください。)
下記図のように2つ並んだ赤い石と、ひとつ離れた赤い石。ここがすぐに3つそろいそうです。

パズドラ操作基本

上の図を見ても分かる通り赤の石をひょいと隣に持っていくだけでOKです。「誰だってそうする。俺だってそうする。」の精神です。

 

実は、

ちょっと聞いてください奥さん、その逆もできるんです!

逆とはどういうことかというと、下図をご覧ください。
配置は先ほどと同じですが、動かす石が違います。グレーの石の方を操作します。矢印のようにグレーの石を動かすことで、グレーを動かすことで空いてしまうスペースを埋めるために赤石が移動していくのです。

パズドラ基本説明

こうやって3つそろえながら石をより多く消していくのが基本となります。

消したい石を操作するのもOKですし、その周辺の石を巧みに操作することによっても消すことができるんです。

 

 

えぇ、そうでしょう。周知の事実でしょう。そうでしょう。

ようするに攻略の出し惜しみです!!

ですが、サルでもわかる攻略を目指すブログにしようと思っているのです!たぶん!!

パズドラと地下鉄

さて、はじめまして。

別のブログではマジモンの攻略などを書いていたりするのですが、ごちゃごちゃになりそうなので別ブログにしてみます!

 

パズル&ドラゴンズの攻略でもぼちぼち書いてみようかと思う次第。

無料です。一部課金ありですが、普通に無料で遊べます。
もちろん無課金の攻略を書きます。 現在は「聖者の墓-深層-」まで無課金できております。自分のランクは64。
今所持している中で一番強いモンスターは「シーサーペント」と「アースドラゴン」です。
・アースドラゴンLv21
・シーサーペントLv最大
・エキドナLv49
・ブラッドデーモンLv31
・エンジェルLv30
というパーティー構成。たぶんすごく強いモンスターではないと思ってます。でもパズルのコツというか攻略でもそこそこクリアできてしまうのです。

簡単に言うと、パズルと簡単なRPG戦闘を組み合わせたようなゲームです。
同じ色の石を3つそろえると、石が消えます。消える石が多いほど、相手に与えるダメージが大きくなります。

さて、なぜに「パズドラと地下鉄」なのか。

それには理由があります。
一般的に主流となっているカードバトル系のゲームでは、ページを遷移するたびにデータを読み込んだりするので、非常に地下鉄には向いていません。マジモンもね。通信切断しちゃうからね。地下鉄ではね。

ところがこのパズドラさん、戦闘になると1回の読み込みで数ステージ~ボスまでをプレイすることができるんです。1回の読み込みでおおよそ5~10分くらいプレイできるわけです。

これは地下鉄にもってこい。

駅で戦闘開始して、数駅はデータ通信せずに遊んでいけるわけですよ!

これは地下鉄との相性がよい!

普段JRではなくメトロばっかり使っているので、これがすごーーーく嬉しい。
地味に嬉しいじゃない、すごーーーく嬉しい。

というわけで、地下鉄といったらパズドラを起動するわけです。